害獣駆除業者の多くが即日作業完了|安全な生活を取り戻す

駆除の歴史と需要

アライグマ

ハクビシン駆除の各作業にかかる料金

害獣駆除業者によるハクビシン駆除は、基本的にアミによる手取り、空気銃による射殺駆除、ワナによる捕獲でおこなわれます。現在は住宅内でのハクビシン駆除が多くおこなわれるようになっているので、住宅や住人にとって安全な、ワナによる捕獲が選択されることが多いです。したがってハクビシン駆除には、ワナの設置や回収の料金と、捕獲後の処分の料金とがかかることになります。また事前の調査や、捕獲後の糞尿の除去と消毒、侵入経路の閉塞などにも、料金が発生します。それぞれ2万円前後が相場なので、トータルの料金は10万円ほどとなります。もちろん、広い場所でのハクビシン駆除の場合は、その分ワナを多く設置することになりますし、消毒する範囲も広くなります。そのため被害が出ている範囲が広ければ広いほど、料金は高くなる傾向があります。

ハクビシンの歴史と業者による駆除の需要

ハクビシンはジャコウネコ科の動物で、もともとは日本では生息していませんでした。明治時代頃に、海外から食用や毛皮用として持ち込まれたのが最初と考えられています。しかし逃げたり、人が飼育できずに手放したりすることで、山野で野生動物として生息するようになっていきました。しかし第二次世界大戦後の日本では、高度経済成長により山野は開拓などによってどんどん減っていきました。それにつれて、ハクビシンは山野で暮らせなくなり、人里に戻ってくるようになったのです。そのため現在では、畑を荒らされたり住宅に住みつかれたりして、害獣駆除業者にハクビシン駆除を依頼する人が増えてきています。ハクビシンは外来種ですが、現在は日本の鳥獣保護法という法律で守られています。個人が勝手に処分することは禁じられているため、人里での被害が増えるにつれて、業者による駆除の需要は高くなっています。

習性を利用

顔を覆う女性

ハクビシンは夜行性であり、ある一定の行動をするので、その習性を活かした方法での捕獲が効果的です。専門業者はその特性をうまく活用してハクビシンをしっかりと駆除します。

もっと知ろう

確認して依頼

スプレー

ハクビシンがいるかどうかは、近所の様子や家の状態によって分かることがあります。もしいる気配があるのであれば、早急にハクビシン駆除の専門業者に依頼して捕獲や追い出しをしてもらいましょう。

もっと知ろう

外来種の襲来

一軒家

ハクビシンはアジア地区に主に分布している生物です。屋根裏に住みつき、農作物を食べ荒らしたり、その糞害などが主な被害となります。外来種なので、本来の生態系を崩す恐れもある生物です。

もっと知ろう