外来種の襲来|害獣駆除業者の多くが即日作業完了|安全な生活を取り戻す

害獣駆除業者の多くが即日作業完了|安全な生活を取り戻す

外来種の襲来

一軒家

駆除サービスの依頼と注意点

現在の日本国内においては、飼い主や業者の元から脱走したり、心無い飼い主に捨てられるなどの理由で、野生化する動物が増加しています。中には地域に適応して繁殖してしまう例も多く、在来種の生態系を破壊する大きな原因となっています。ハクビシン(白鼻芯)も外来種と見られていて、近年においては、生態系だけではなく、衛生面や農作物とペットに被害が拡大してきています。このような場合は、ハクビシン駆除を取り扱う、専門の業者に依頼を出します。各業者ごとに料金が異なるので、事前に内容の把握と、大まかでも料金の把握が重要となります。ハクビシン駆除の施工内容によっては、高額となるケースも見られ、トラブルを回避する注意が必要となるためです。

知っておきたい豆知識

ハクビシンは、アジアの広域に分布している動物です。日本国内では山間部に近い場所などの一部地域に限定されていましたが、現在では市街地でも見られるようになり、被害も拡大してきています。主な被害は、屋根裏などに棲みつき音や糞の害、農作物への被害、ペットが襲われる、などと多くの被害をもたらしています。被害内容などを知識として備えておくことは、大事な財産やペットを守ることにも繋がります。ハクビシン駆除においては、鳥獣保護法や狩猟法にも関わるため、個人での駆除が非常に難しくなっているのです。役所の許可がないまま駆除を行った場合は、上述の法に触れて罰せられてしまいます。ハクビシン駆除の専門業者の多くは、役所への許可申請の代行から、罠の設置、捕獲と処分、一部の工事までと、一括した内容であることが特徴となっています。