習性を利用|害獣駆除業者の多くが即日作業完了|安全な生活を取り戻す

害獣駆除業者の多くが即日作業完了|安全な生活を取り戻す

習性を利用

顔を覆う女性

ハクビシンの習性と被害

ハクビシンは、近年害獣として駆除の対象となっているジャコウネコ科の動物です。体長は50cm〜70cmほどで、遠目からでは色や大きさがアライグマに似ています。ハクビシンは夜行性で雑食です。昼間は民家の屋根裏などに潜んでいて、断熱材をぐちゃぐちゃにし、寝床や出産の場所として利用しています。夜になると、動き回る音がして、怖い、うるさくて眠れないなどの被害が報告されています。糞尿がとても臭いので臭いの問題や天井がシミになるなどの被害の他、縄張りを持たないので、複数匹で農作物を荒らしたり、家畜への被害も報告されています。こうなったら早めに対処すべきです。ハクビシン駆除は素人ではできません。必ず専門業者に調査、駆除してもらう必要があります。

ハクビシン駆除について

ハクビシン駆除が素人ではできない理由は、危険な事も最もなのですが、ハクビシンはコウモリやイタチなどと同様に、野生動物であるため、鳥獣法(鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律)により、許可なく捕獲や駆除する事が禁止されています。そのため、ハクビシン駆除は自治体の許可をもらっている専門業者に依頼するしかありません。市役所に行けば、ハクビシン駆除の専門業者を教えてくれます。駆除の方法は、家屋から追い出す事、侵入口を塞ぐ事の2つが主に行なわれます。追い出した後は、殺菌、消毒を念入りに行い、傷んでいる箇所があれば修繕します。利用料金は、追い出しで千円、侵入口の遮断で1万円、捕獲したハクビシンの処分代が1頭3千円〜5千円、殺菌、消毒で千円程です。